[妊活/脱毛]妊娠する前に脱毛をしておこう

子供が欲しい人。近い将来に妊娠を考えている人に、とにかく一番におすすめしたいのは脱毛をしておくことです。
脇、顔、脚や腕などあなたが普段、定期的にお手入れをしている部位は全部まるっと脱毛しておいた方が絶対にいいと強く思います。

今お子さんがいない人ってどこでムダ毛のお手入れをしていますか?
大抵の人はお風呂のついでにお風呂場ですると思うんですけど、子供と一緒のお風呂は戦場です。
いかに子供を死なせずに怪我をさせずに、洗って温まらせて体が冷えないうちに上がって服を着せるか。
我が家には二歳の男の子がいるんですが、もう簡単に死にます。一瞬でも目を離すのが怖くてたまらない。
〇歳のころは抱っこしてないと溺れる。一歳は自分で立ちたい。でも簡単に足を滑らせて溺れる。
二歳になった今は自分で浴槽から洗い場に出たい。でも滑って落ちて頭をぶつける。イヤイヤ期がピークの頃は、入りたくない、入ったかと思えば出たくないの大暴れ。
もうね、全然自分が洗ったかどうかなんて覚えていられないわけです。
そんなレベルでお風呂はドタバタしているのに、ムダ毛を処理している時間なんてまったく作れませんでした。
夏はなんとか脇と腕だけは…!と思って処理しようとしていましたが、子供が何にでも興味を持つようになってしまった今、一緒にお風呂に入っている間にカミソリを使うのも忍ばれます。

あとはとにかく面倒くさい。
これは子供がいない時から思っていた事ですが、ムダ毛処理って本当に面倒くさいですよね。
私は顔、脚、腕、脇しか処理していませんでしたが、背中とか指とかまで全部きちんと処理している女性は本当にすごいと思います。尊敬します。

正直に言うと、夏も処理をサボっていた事もあります。脇が見えない服を選んで脚はレギンスで隠して、腕はもう生えたままでいいや…という、なんという女子力の低さ。

何度、脱毛しとけばよかった…と思ったか分かりません。
いやだって、お金かかるし。
何回も通わないといけないらしいし。
と、機会があったのにも関わらず面倒だからって、何かと言い訳を作って行かなかった自分に言ってやりたい。

お金がかかっても!何回も通うことになっても!
今しか出来ないから!!あとですんごい後悔するから!

子育てが落ち着いて、自分の時間を持てるようになったら、絶対脱毛します。
でもその頃には、一人でお風呂も入れるだろうしちまちま処理すればいいのかもしれない。

だから、まだ妊娠していない女性のみなさん。
いつかは子供が欲しいと思っているならあなたが自由にお金と時間を使える今、脱毛することをおすすめします。

20代 女性

高麗美人 口コミ

【ダイエット】消費カロリーと摂取カロリー【食べて痩せる】

今や、色んなダイエットがありますよね。

○○するだけで痩せるとか、○○を食べるだけで痩せるとか。どれが本当なのか分からなくなるほど、メディアの情報は豊富で、毎日といってもいいほど新しいダイエット法が開発されてます。


本当に多すぎて、矛盾もたくさんありますよね。例えば、以前は油やお肉はダイエットには不向きとされていましたが、今は良質な油やお肉はダイエットに良いとされています。


生野菜サラダはダイエット中によく食べられますが、一方で体を冷やすからよくないとの声もあります。


歩きすぎはダイエットによくないとか、家でダラダラしながらダイエットとか(笑)もうわけが分からなくなっちゃいます。どんどん新しい細胞とか発見されてますしね(笑)


結局は、私の結論としては、ダイエットは「摂取カロリー<消費カロリー」の定義が一番分かりやすくて無難だと思ってます。一般的であり、当たり前だからです。


何を食べたら痩せやすくなるとか、何を食べたら体を冷やすとか、それも結局はここに行き着くと思うんです。結局体を冷やすとどうなるかというと、代謝が悪くなります。代謝が悪いということは、1日の消費カロリーが減るということですよね。


運動も、結局はカロリー消費が目的です。筋トレもそうです。いや、ムキムキマッチョになりたい人は別なんですが、ダイエットとしての筋トレであれば、筋トレ自体はカロリーを消費しますからね。


運動も色々ありますが、とにかく体を動かすことがカロリー消費につながりますよね。なんとなく、家でもちょこちょこ動いてる人や、軽く立ち上がる人って、スリムな人が多いイメージありませんか?逆に、なかなか立ち上がらない人や、めんどくさがりな人は、太ってる人が多い気がします。少し歩くのもカロリー消費につながります。昔は、20分以上の有酸素運動じゃないと意味ないとか色々言われてましたが、ちょこちょこでも何かしら動けば意味があるのです。


また、筋トレはすごくカロリー消費します。筋肉を使うことが大きなカロリーを消費するからです。特に太ももとか、大きい筋肉を使うと消費が大きいそうです。また、筋トレの良いところは、トレーニングで筋肉がつくと、代謝が上がることです。結果として、消費カロリーがアップします。マッチョにならない程度の、軽い筋トレなら毎日取り入れてもよさそうですね。


摂取カロリーを減らすことも間違ってないと思います。ですが、結局食べないダイエットは体によくないし、栄養が行き届いてないと代謝も上がりませんよね。そうすると消費カロリーも少なくなって、痩せないからと摂取カロリーをもっともっと少なくするのは、悪循環です。


ある程度食べて、消費カロリーを増やすのが一番健康的なダイエットだとわたしは思います。

30代 女性

【産後ダイエット】骨盤の歪み、ばいばい!

妊娠・出産は、短い期間で体の変化がありますよね。


上の子妊娠中、私は体重12キロ増えました。自然に減ったのはそのうち6キロで、ダイエットで3キロ落として、3キロのお肉は乗っかったまま、二人目を妊娠しました。


なんだかお腹まわりやお尻のへんがひとまわり大きくなっていて、土偶のような、すごく女性らしいといえば女性らしい体型になってしまっていたので(笑)二人目妊娠したときは、産後は絶対ダイエットして体型をもどそう!と意気込んでマタニティライフを過ごしていました。


妊娠中は、私は疲れやすく貧血などもあったため無理はせずにゆったりと過ごしていました。結果的に二人目妊娠は10キロ太りました。


妊娠中に色々調べていたのですが、土偶のような体型は、骨盤の広がりや歪みからくるものだそうで、出産時に骨盤がめいっぱい開くのですが、産後にそれをきちんと正常な位置に戻さないといけないそうで…


私、一人目の時、病院で看護師さんに言われて骨盤ベルトを巻いていたのですが、なぜ巻いてるのかきちんと分かってなくて(笑)適当に巻いてました。骨盤のことなんて一切気にせず産後を過ごしていたので、このような結果になってしまったのですね。


だから二人目の時は必ず骨盤を正常な位置に戻そうと、色々調べました。妊娠中に骨盤が開くのはメリットもあり、歪んだ骨盤が開いてくれるので、骨盤がしまった状態よりも、正常な位置に戻しやすいそうです。これはチャンスです。そうこうしているうちに二人目は産まれ、あぁ可愛い赤ちゃん癒される〜と思いながら、骨盤のことを頭の片隅においておきました(笑)


実際に、産後すぐの入院中に気を付けたのは、骨盤ベルトをきちんと巻くことと、姿勢です。最初からストレッチなど体を動かすのはよくないので、とにかく姿勢だけは少し気を遣ってました。あんまり猫背になりすぎないように、とかそんなレベルです。


そして産後1ヶ月から本格的に骨盤ひきしめをはじめました。といっても実際にしたのは、お尻に力を入れて普段を過ごすことと、おしり歩きです。特におしり歩きは良い効果があったと思います。足を伸ばした状態で、前に10歩、後ろに10歩と、おしり歩きします。これが意外ときつくて、最初は2分ぐらいでギブアップでした(笑)ですが、なれると10分近くできるようになって、その頃にはお腹やお尻まわりが自分でもわかるぐらいスッキリしてきたのです。実際に一人目が産まれた後は一回も履けなかったジーンズが入るようになってました!


鏡をみると、一目瞭然でした。一人目のときよりかなりほっそりしたお腹!妊娠線さえなければパーフェクト!(笑)


おしり歩きだけでこんなに体型が戻るとは思いませんでした。一人目の時に体型が戻らなくて悩んだのが良い経験だったと思います。結局骨盤が再度開いて、正常な位置に戻ってくれたんですね。色々としらべてよかった!


二人目だからこそできたダイエットだったと思います。

30代 女性

【早起きは三文の徳】対!早起きすぎる子どもたち

うちは子どもが2人(小学生と幼稚園)います。


この子たちがとにかく早起き、早い、早すぎるのです。


特に、夏至付近の日の出が早くなっている5月〜7月は、6時前に起きてくることもあります。


当然、親も一緒に起こされます


どんなに眠くて寝たふりしていても起こされます。


怒ってみてもなだめてみても起こされます。


低血圧で昔から朝が弱い私にとってはかーなーりーきついです。


起こされてから30分程度は、まともに反応できません。


動かない体にムチ打って、朝の家事を始めます。。。


どうしてこんなに早く起きるのか?


うちの寝室には、北側と西側に窓があります。


西側の窓にはシャッターがあり、北側の窓には遮光カーテンを取り付けてあります。


どちらの窓の前も高い建物や光を妨げるものはない環境です。


で、どうやら北側の窓のカーテンの隙間から、ちょうど6時くらいに朝日が差し込んでいるようでした。


これが原因なのか?


日の光が眩しくて目が覚めてしまうのか?


そう考えた私は、とにかく起きる時間まで寝室を暗くすることを目指しました。
やることは簡単です。


カーテンの隙間をなくすだけです。


腰高の窓についたカーテンなので、カーテンの裾を窓枠の中に折り曲げるようにして隙間をなくしました。


他にも隙間がありそうなら、カーテンを動かして、隙間を埋めていきました。


わずかな光も漏らさないように、徹底的に隙間をチェックしました。


ガムテープを使えば完璧なのでしょうが、毎日テープを張ったりはがしたりという作業がとても面倒だと思ったので、それは断念しました。


ついでにダメ押しで、西側の窓のシャッターも全部閉めました。


これで、寝室は暗闇です。


夜、電気を消すと、真っ暗です。


真の暗闇です。


もし私が吸血鬼だったら、最高の環境でしょう。


子どもたち、これで明日の朝は起きられないだろう。


そう思って眠りにつきました。。。


次の朝。


6時20分!子ども起床!


びっみょーーーーに起床時間が遅くなりました。


なんだこれは、効果があったのか。


いやいやただの誤差範囲か。


わずかな敗北感の中、子どもに起こされ起床しました。

今のところ、子どもの超早起き対策として有効な方法は、”親が慣れる”しかないと思いました。


昔から早起きは三文の得と言うではないか。


朝の空気は気持ちがいい。


早起きすると、子どもの登校登園準備に余裕ができる。


そう自分を納得させて、早起きに付き合っています。


このブログを書いている今現在、6時30分です。


朝からこんな活動ができて、やっぱり早起きっていいですね(泣)

30代女性

[お兄さん]大好きな「おかあさんといっしょ」[歌/体操]

子供を持つ親として、絶対にみたことありますよね?朝の8時と夕方の4時20分からはじまる、「おかあさんといっしょ」です。私はこの番組が大好きで、どんなに忙しい朝でもオープニングが始まると手が止まってしまいます。


どこが好きかというと、まずは当たり前のことですが、教育に良いこと。

子供が見ても、安心ですよね。歌を歌ってくれたり、人形劇があったり、しりとりやパズル、色んなことを勉強できますよね。お着換えできるかな?たためるかな?とか、いただきますできるかな?歯磨き上手かな?とか、同じくらいの子供が頑張っている姿もうつしだされます。

これは本当にありがたい映像で、うちの子供は、これを見てから着替えを一人でするようになったり、それを畳んでくれたりするようになりました。そして、ご飯も残さず食べることが増えたり、歯磨きを嫌がらずにしてくれたりとすごく成長してくれました。同じぐらいの子だから、競争心があるようですね。幼稚園に入る前にできるようになったことが増えて本当に助かりました。


そして、歌と体操のお兄さんお姉さんも大好きです。

4人の笑顔は本当にいやれますね。いや、作り笑顔なんでしょうけど、なんかこう本当に心から笑っているように見えるし、子供が大好きな人たちに見えるし(実際好きじゃないとできない仕事ですよね)、やはりプロは違うなって感じです。親である私の心もわしづかみですよ。

よくお兄さんお姉さんは卒業して変わることがありますね。

最近は体操のよしお兄さんとパントのりさお姉さんが卒業してしまいましたが、かなり泣きました(笑)二人ともずっと見てきて、本当に大好きだったので。

毎日見てると、なんだかその辺にいる近所の友人のようにも思えてしまって、すごく悲しかったです。でも、変わってから今の体操のまことお兄さんとあずきお姉さんも、もう既に好きです(笑)最後の体操も変わりましたが、もう覚えました。それぐらい、お兄さんお姉さん達の存在は、「おかあさんといっしょ」にとっても、私にとっても、すごく大きいです。


あとは、歌やダンスが面白いところが好きです。

もちろん普通のもありますが、わりとギャグっぽいダンスを盛り込んでくれているように感じます(笑)変顔とか多いですよね。本当に面白いんです。あとは、これは大人向けだろ!ってギャグを言ってたり。だから見ちゃうんですよね。次はまたどんな面白い場面があるのかなと、楽しみにしちゃうんです。


いつも楽しんでみちゃってます。毎日あるから忘れることなく見ちゃいます。

子供もくぎ付けです。そんなおかあさんといっしょのことを、私はいつまでも応援し続けます。お兄さんお姉さんが卒業して変わっても、毎回受け入れる自信があります!これからも私達を楽しませてくださいね。

30代女性

クラスの懇談会で親は何を話す?ウケが良い話、スベる話

新学期や長期休みの前等にママを悩ませるのが、子供の学校(もしくは幼稚園)の懇談会ではないでしょうか?

話の上手い人は短時間でも笑いをとってサクっと終わりますが、苦手な人はつい話が長くなってしまい、でもそのワリには受けなかったり・・・悲喜こもごもですよね。かくいう私も先日クラスの懇談会を体験してきましたので、どんな話がウケたのか、逆にウケなかったのはどんな話かをご紹介したいと思います。

まず、皆の反応が良いのは料理やお菓子の話。例えば「料理が趣味で、この間は味噌を作ってみました!」みたいな方は、「どうやって作るの?」とか「美味しかった?」とか懇談会の後も話題になってましたね。

あと、ご主人が板前さんだというママさんもいて、「良かったら食べに来てください」と会話が弾んでいました。いくつになっても女性は美味しいモノの話には目がないんだなあ、というのが分かります。

後は、他の人とはちょっと違うエピソードがあると盛り上がります。「ウチの息子は体が小さいくせに、毎日ご飯3杯食べます」とか、「自転車で○○まで行ってきました!」みたいな意外性のある話には食い付きが良いです。同じ子供の話でも「海外旅行に行った際、旅先でこんな面白いことがあって・・・」といった話だと、海外に行った自慢にしか聞こえないのでやめた方がいいです。

逆に盛り上がらなかったのは、過去の話を持ち出して次はこうなってほしい・・・みたいなパターンです。例えば、「ウチの息子は人見知りでなかなか友達ができなくて困っていたんですが、次第にお友達ができるようになりまして・・・」という話があったとして、聞いてる分には「大変だなあ」とは思いますが、笑うこともできず、かといって泣くほどの話でもないので正直リアクションに困ります。

勿論共感できる人もいるのかもしれませんが、共感できたところで「わかるわかる!」と声を上げる人もいないので、とにかく場がシーンとしてしまいます。理想なのは大きな声で話す、要点をまとめること、なるべく完結に、です。

ウケを狙おうとかハイレベルなことを考えず、身の丈にあった話し方で良いと思います。

多少話が下手でも、声が大きければ結構聞いてくれるものです。

声が小さいと何を言ってるかわからないので、「早く終われ〜」という雰囲気になります。その雰囲気に呑まれてしまうと、言いたいことも言えなくなってしまい悪循環が生まれるので、ハキハキしゃべることをおすすめします。

30代女性